S-01. 希望

逆境の中にも必ず有望な道はある。
進む道は紆余曲折、1つだけではない。

S-02. 勤勉

全身全霊で臨めば結果がどうであれ、後悔する隙もなくなる。
そして、その経験が糧になる。

S-03. 節制

何事も分相応。
不均衡は、破綻を生じる。

S-04. 純潔

独りよがりの潔癖ではなく多角的・客観的に捉え、それでも受容できないことが不浄。

S-05. 正義

己の正義は、他者への脅威。
自戒の正義は良いが、他者には強要してはならない。

S-06. 人徳・感謝

陰徳が最大の徳。
他者の目前での善行には、己を美化したいという我が潜んでいる。

S-07. 謙遜

過度な自信は隙を生み、自滅になり兼ねない。
謙遜は、隙を生まない為の自戒になる。

S-08. 愛

執着が苦を生む。
執着を手放し、ありのままを受け入れることが、真の愛。

S-09.

寛容 - 失敗の中にも後の糧になり得ることはある。
全てを受け入れる覚悟、この余裕が寛容になる。

S-10. 勇気

例え望まない結果を招くことが解っていても、全てを受け入れ他者の成長を見守る覚悟が真の勇気。

S-11. 智慧

経験に勝るものはない。
体得した智慧こそ、己の真理。

S-12. 慈悲

己に余裕がなければ、他者への寛容は生まれない。
逆境の中での他者への慈しみこそが真の慈悲。

S-13. 信仰

他者の智恵に縋るので盲信的になる。
己の智慧を拠り所とするのが、真の信仰。

S-14. 救恤

己の信仰を分け与えることが、救恤ではない。
他者の信仰を生み出し、支援することが真の救恤。